経理・労務のお悩み無料相談受付中!

0120-936-310

受付 平日9:00~17:00

新着情報

2020.10.09
経理業務をアウトソーシングすることのメリットとは

経理業務を外部委託する「経理アウトソーシング」が日々や月次の経理業務で多くの問題を抱えている企業の注目を浴びています。

経理業務のアウトソーシングを利用することによって企業には一体どのようなメリットがあるのでしょうか。

経理業務のアウトソーシングのメリット

総人件費を節約できる

経理を社内の人員でまかなおうとした場合には、以下のコストが必要になります。

・繁忙期に備えた人員の確保
・経理業務を行うための継続的な専門的な教育
・採用のための費用
・専用の機材やツールの導入

どこまでの業務をアウトソーシングするかにもよりますが、これらの人件費やツールの導入などに関連する費用を節約することが可能です。

本業と分けることができる

経理業務をアウトソーシングすることによって、より利益に直結する「本業」に時間やお金などのリソースを集中することができます。

当然のことながら、記帳やお金の管理といった経理業務は正確性が求められる上に時間がかかります

そうした業務を専門家にアウトソーシングすることで社員に本来の業務に専念させ、会社の業績を向上させることが可能です。

退職リスクや法改正への対応が容易にできる

経理業務は高度な専門性が必要なため、担当者を固定しているケースが多く見られます。

そのため経理担当者が退職してしまうと、後任者がいなくなってしまう問題が発生します。

また、複数の退職者が出てしまった際は、経理業務が滞ってしまうことも考えられます。

そうした退職リスクに対してアウトソーシングはとても効果的です。

また、経理業務を社内の人員で行う場合には税制をはじめ法改正について常にチェックし、改正があれば内部の仕組みを変えるなどの対応をとる必要があります。

一方で、アウトソーシングによる課題もあります

経理業務のアウトソーシングのデメリット

セキュリティ上のリスク

経理業務を外の会社に頼むということは、社内のデータを外に出すということでもあります。

その際に問題になってくるのは、外部へのデータの持ち出し方法と、外部の人間が漏洩するリスクがあるということです。

そのため、安易に費用を抑えようと信用の不確かな会社に依頼すると、そのまま情報漏洩されてしまう危険があります。

情報セキュリティのしっかりした会社に依頼しましょう。

社内の人員の育成にはつながらない

外部の人間に経理業務を一任していると、いつまで経っても内部に経理のノウハウが蓄積しません。

そのため、経理業務をずっと外部の会社に委ねざるを得ないことになります。

社内の人間を育成する場合はアウトソーシングとは別に教育の場を設けるなどの育成の方法を考えなければなりません。

まとめ

経理業務をアウトソーシングを行うことで、コスト削減本業への専念法改正や退職リスクに対応しやすくなるというメリットはとても大きいものだと思います。自社の現状を把握したうえで、どの部分をアウトソーシングするかを検討し導入すれば、経理業務のアウトソーシングが良い課題解決となり得るでしょう。

経理・労務のお悩み無料相談受付中!無料相談の詳細はコチラ

0120-936-310

受付 平日9:00~17:00

バックオフィスサポートメニュー Support Menu
  • コストカット診断 無料でコストカットの診断!
  • クラウド導入支援サポート 効率化、コストカットなら必須!
  • 経理労務代行サポート 本業に専念するならコチラ!
  • 記帳代行サポート 会計ソフトへ入力の手間を削減
  • 給与・勤怠代行サポート 社員の入れ代わりにも対応!
  • 年末調整代行サポート 年末の忙しさを少しでも軽減!
  • 請求管理代行サポート 正確&スピーディに処理!
  • 支払管理代行サポート 銀行に行く必要無し!
会社情報about us
PAGETOP